ヘルペスウィルスHHV-6Aと不妊症

HHV-6Aと呼ばれているヒトヘルペスウイルスの一種でほとんど知られていないが、不可解な不妊性の女性で43%の子宮裏を汚染するが、妊娠可能な女性の子宮裏で見つからないことが、新しい調査で明らかになりました。研究は、フェラーラ(イタリア)大学で、調査者によって行われました。

免疫系のウイルスに対する反応が子宮を受精卵に対してより寛容にしないことに貢献するかもしれないことが、調査でも明らかになりました。
ウイルスは、子宮のナチュラルキラー細胞と呼ばれている免疫細胞を活性化して、サイトカインと呼ばれている化学製品を生産するためにそれらの細胞を導くようです。
サイトカインは、免疫系が外の侵入者への攻撃を組織化するために使用するツールで、ウイルスを好みます。
しかし、活性化された免疫系細胞と特定のサイトカインの異常な濃度は、受精卵が子宮に泊まることと、胎児への成長をより難しくするかもしれません。

CDCによると、不妊性は米国で15-44才のおよそ6%、または150万人の女性に影響を及ぼします。
女性の不妊性ケースのおよそ25%は不可解です。そして、高価な不妊治療以外はほとんどオプションがありません。
「これは、不意で潜在的に重要な発見です」と、アンソニー カマロフ(HHV-6を研究したハーバード・メディカル・スクールの教授)は言いました。
「確かめられるならば、発見は不妊症の女性の多くのグループのために結果を改善する処置につながるかもしれません。」

HHV-6Aについてはほとんど何もわかっていません。そして、これは1986年に発見された、9つのヒトヘルペスウイルスのうちの1つです。
他は、イプシュタイン・バー・ウイルス、水痘帯状疱疹ウイルス、サイトメガロウイルスと単純疱疹タイプ1と2を含みます。
HHV-6Aが血または唾液で一般的に見つけられないので、その本当の流行は知られていません。
密接に関連したウイルス(HHV6-B)は、幼年期に人口のほぼ100%が感染し、唾液によって広められます。

HHV-6Bは発疹と幼児の熱性発作を引き起こして、免疫不全がある、または、免疫抑制薬にたよっている患者では脳炎と他の臓器の病気を引き起こすことがありえます。

現在では、HHV-6AまたはHHV-6BのためのFDA認可の薬がありませんが、伝染病の専門医は移植患者でHHV-6Bの再発を治療すうためにバルガンシクロビル、フォスカーネットとシドホビルを一般に使います。
これらの薬は人間のヘルペスウイルス-5(HHV-5)を治療するために開発されました。そして、サイトメガロウイルスとして知られていました。

これらの調査結果を確かめて、抗ウイルス性の処置がこの子宮感染症で女性を手伝うかどうか決定するためにはさらにより多くの研究が必要です。
子宮裏のHHV-6A感染症の診断は子宮裏の生検によってなされることができます。そして、標準的な手順が小型吸引装置を用いた麻酔法なしで婦人科医によってされるいことができます。