眼性ヘルペスの症状と徴候

いろいろな症状と徴候が、眼性ヘルペスの発生と関係しています。
あなたは角膜の炎症を経験するかもしれません。そして、それは苛立ちまたは突然でひどい目の痛みを引き起こすことがありえます。
また、角膜が曇ることもあり、ぼんやりとした展望に至る可能性があります。

眼性ヘルペスの他の特徴は、以下を含みます:

目の周りの腫れ
涙目
再発する眼の感染症
目の違和感
異物感
目の赤み
目の痛み
目から水のようなものがでる
光に敏感になる

これらの多数の徴候により、眼科医は、まさしくその初期に眼性ヘルペスの最初の診断を見落すかもしれません。

何が、眼性ヘルペスを引き起こしますか?

ヘルペス発症している他人との接触や、自身が進行中のヘルペス感染症(例えば口唇ヘルペス)持っている際、自信を通して汚染され、眼性ヘルペスはうつされます。

眼性ヘルペスは、炎症と目の表面(角膜)を傷つける可能性があります。眼性ヘルペスの極端なケースでは、角膜移植を必要とするかもしれません。

単純疱疹ウイルスは鼻または口から体に入って、神経に移動しますが発症しない場合があります。
ウイルスは長い間休止して、一生発症しない場合もあります。

発生の正確な原因は知られていません。しかし、熱、日焼け、歯や外科的手術等、精神的外傷のようなストレス関連の要因がしばしば関係しています。

一旦最初の発症があり、治療を受けていなければ、ヘルペスが再発する可能性は40-50パーセントであると、NEIは言います。
眼性ヘルペスの再発に決まった周期はありません。
最初の発症から数週間または数年の可能性もあります。
症状は通常1つの目だけ出ますが、ウイルスは同様にもう片方の目にも影響を及ぼすことがあります。