ヘルペス 代替療法

いくつかの代替療法は、性器ヘルペスの発生の対処に役立つことができます。

性器ヘルペスのための在宅ケア

性器ヘルペスに起因する大部分の不快感を軽減するのに、単純なセルフケアで十分な場合があります。一般用医薬品(例えばアスピリン、アセトアミノフェンまたはイブプロフェン)を飲むことで、ヘルペスの痛みを和らげるのを助けることができます。
医者は、患部を温水につけることを時々勧めます。
しかし、患部はほとんど乾いている状態でなければなりません。
入浴した後にタオルで拭くのが不快であるならば、ヘアドライヤーを使ってみてください。それから、綿の下着をつけてください。
綿は、合成繊維より、湿気を吸収します。

ハーブ、補助食品とその他、性器ヘルペスに効果が期待出来るもの

ヘルペスの徴候を楽にするのを手伝うという一部のヘルペス患者の主張に基づくハーブの抜粋と栄養剤を、科学者は研究しました。
いくつかの研究結果は有望でしたが、そのほかは落胆的でした。

エキナセア植物の抽出物が感染と戦う免疫系の能力を高めるのを助けると、多くの人々は言います。それが性器ヘルペスの発生の頻度とひどさを減少させると、何人かは言います。
イギリスの研究者は、エキナセアの影響を偽薬のそれと比較しました。
彼らは、性器ヘルペスのある50人の人々にエキナセアを6ヵ月間、偽薬をもう6か月間与えました。ヘルペスの発生の数に関する有意差が、2つの期間の間にありませんでした。

軟膏を含有するプロポリス(ミツバチが作るすべすべの物質)がヘルペスの患部が回復するのを助けるかもしれないことを、もう一つの調査は示しました。
抗ウイルス薬アシクロビル、または偽薬を含有している軟膏を使っている人より、プロポリス軟膏を使用している人々のほうが速く、患部が回復しました。
軟膏は、ヘルペスの患部に1日につき4回塗られました。
10日後に、アシクロビル軟膏を用いた30人のうちの14人、偽薬を用いた30人のうちの12人と比較して、プロポリス軟膏を使っている30人の人々のうちの24人が患部が回復すると言いました。

ハーブのウツボグサと食用のマッシュルーム、ロジテスカペラッタ(「ジプシー語キノコ」)がHSV-1とHSV-2と戦う化学物質を含有すると、研究者は発見しました。

FDAによって性器ヘルペスを治療するためのこれらの処置は、承認されていません。店でこれらを買うことができますが、それらはサプリメント(薬でない)と考えられているので、これらはFDA認可の薬と同じ品質基準に準じていません。