自宅で出来る性器ヘルペス対処法

自助

◾痛み止め-パラセタモール(タイルノール、アセトアミノフェン)またはイブプロフェンは処方箋なしで買うことができます。
◾一部の人々は、軽く塩を入れた水に浸ることが徴候を楽にするのを助けると感じています。
◾氷嚢も症状を楽にすることができます。
氷が何かで包まれることを確認してください-直接皮膚に氷をつけないでください。
◾患部にワセリンを塗ってください。
◾排尿することが痛いならば、尿道にいくらかのクリームまたはローション(たとえば、リドカイン)を塗ってください。
一部の人々は、温水に浸かっている間、排尿するならば、それがより痛くないと感じます。
◾ぴったりした衣類を患部につけていないでください。
◾患部をさわったならば、しっかりと手を洗ってください。
◾徴候が去るまで、性行動は遠慮してください。

薬物

ウイルスを根治することができる薬が、ありません。
医者は、抗ウイルス剤(例えばアシクロビル)を処方するかもしれません。
アシクロビルは、通常1日につき5回飲まれます。
それは、ウイルスが増えるのを防ぎます。
処置が始まったとき患者が局部でできている新しい水膨れと潰瘍にまだかかっているならば、アシクロビルのクールは5日続きます。
抗ウイルス・タブレットは発生がより速く収束するのを助けます-徴候の軽減も促します。
抗ウイルス剤は、通常、患者の最初の徴候があるときに与えられます。
攻撃的抗ウイルス性の処置の後でさえ、ヘルペスは再発症する可能性があります。

再発の際の発生がより穏やかで、処置は通常必要でありません。

偶発的な処置と抑圧する処置

◾偶発的処置-これは、通常、1年で6回未満の再発を持つ患者に適用されます。
徴候が現れるたびに、抗ウイルス剤の5日のクールが定められます。

◾抑圧する処置-患者が1年に6つ以上の再発を持つならば、または、徴候が非常に厳しいならば、抗ウイルス性の処置はより長く続くかもしれません。
ここの狙いは、更なる再発を防止することです。
一部の患者は、数ヶ月間1日2回アシクロビルを飲まなければならないかもしれません。
抑圧する処置がパートナーにHSVをうつす危険をかなり減らしますが、危険性はまだあります。