ヘルペスとストレス

ヘルペスウィルスは感染した細胞の核内部に彼らのDNAゲノムを隠して、人間の体内で生涯の感染症を確立します。
どのようなストレス状況が休止状態 ― 潜伏相 ― からこれらの寄生虫を起こし、新しいウィルスの生産を開始させるかは、はっきりと知られていませ。そして、結局細胞破壊 ― 溶菌段階 ― によって細胞死を引き起こします。
有名な単純ヘルペスウイルスの場合のように、このプロセスは、ウイルスが増殖し、通常皮膚に広がらせます。
しかし、単純ヘルペスとは異なり、若干の他のヘルペスウイルスはガンを引き起こすことがありえます。これらは発癌性です。

発癌性ヒトヘルペスウイルス、カポジ肉腫関連のヘルペス・ウイルス(KSHV)の再起動に関係する細胞要因を探している間、ストレス状況が溶解再開を支持して、新しいウイルスの効果的な生産を確実にするメカニズムを、フィンランド、ヘルシンキ大学のPaiviオジャラの研究グループと協力者は特定しました。
KSHVは、カポージ肉腫と一次性流出リンパ腫(PEL)(リンパ腫の攻撃的な型)の病因のエージェントで、診断後、生存期間は6ヵ月より短いと報告されています。

最も先進の顕微鏡検査技術と遺伝子操作技術の組合せの研究で、いろいろな化学的ストレスがすべてが、外因性ストレス減速細胞増殖から細胞を救う試みの中で、細胞「ストレス-センサー」タンパク質(p53, p21clip)の起動につながることを示しました。
このプロセスはウィルス溶解遺伝子の生産を支持する環境をつくるようです。そして、再起動後の数時間後には細胞DNAの大規模な破損に至り、ギャップ-2段階またはG2として知られている段階に細胞分裂周期を停止します。
この状態では、細胞はウイルスタンパク質によって生かされ、すべての細胞栄養分と資源は何千もの新しいウィルスの生産に費やされます。

研究が示すように、P21clipにはG2状態の細胞を維持することでの重要な役割があります。  このタンパク質を除去して、遺伝子操作によるタンパク質は溶解複製を経ている細胞で細胞分裂を元に戻しました。
重要なことに、細胞周期進行の再開はウィルス溶解遺伝子発現の縮小と同時でした。このように、KSHV溶解複製の効率が細胞分裂の抑制に依存することを証明しました。

この発見は、細胞ストレス反応、細胞周期規制とウイルス再起動の間の重要な直接的なつながりを提供します。
TP53遺伝子の突然変異は、KSHV関連の悪性腫瘍でめったに見つかりません。
したがって、研究は、ウイルスが活発なp53を保持するために進化した理由に関して、現在の機械学的な説明を提供します。

細胞ストレスをヘルペスウイルス再開とつなぐ分子イベントを理解することは、治療法が現在ない発癌性ヘルペスウイルスに起因する(例えば一次性流出リンパ腫)人間のガンを治療するのに用いられることができる新世代抗ウイルス剤戦略の開発につながると研究者は信じています。