ウイルスと抗ウイルスハーブ

ウイルスとは?

ウイルスは、他の生物の生きている細胞の中でだけ複製することができる小さな伝染性のエージェントです。
ウイルスは、さまざまな生物形態を感染させることができます — 人間、動物、植物と微生物(バクテリアと古細菌を含む)。
彼らは地球のほとんどあらゆる生態系で見つかり、生物学的実体で最も大量のタイプです。

彼らが遺伝物質を運び、繁殖して、自然淘汰を通して進化するので、ウイルスは実は、「生命の端にいる生物」と言われまています。しかし、通常、生きるために必要とされる細胞構造が不足します。

ウイルスが広がるには多くの方法が、あります。
動物において、ウイルスは吸血昆虫によって運ばれます。
インフルエンザのようないくつかののウイルスは、せきとくしゃみによって広がります。
ウィルス性胃腸炎(伝染性の下痢)のようなウイルスは経口経路(貧しい公衆衛生の結果である)によって伝播して、接触によって人から人に引き継がれます。または、食物と水から体に入ります。
HIVは、性的接触を通し、感染した血への露出によって伝播するウイルスの1つです。

ウイルスを保持することについての怖いものは、抗生物質が作用しないということです。
ワクチンも予測できません。そして、ウイルス(エイズとウイルス性肝炎を引き起こすものを含む)はこれらのワクチンによって誘発された免疫反応を避けて、慢性感染症に終わります。
抗ウイルスハーブとは?

抗ウイルスハーブは、ウイルスの成長を妨げます。
無害で、一般的にほとんど副作用がないので、あまり注意せずに感染症に対して使用することが出来ます。
多くの抗ウイルスハーブは免疫系を高めます。そして、体にウィルス病原体を攻撃させます。
病原菌が時間とともに突然変異して、処置の効果が得られにくくなるので、これは特定の病原体(抗生物質は特定の病原体を攻撃するようになっています)を攻撃するよりさらに良いと言えます。

抗ウイルスハーブはウイルス感染と戦い、免疫系を高め、風邪の自然治療として作用するだけでなくて、いくつかの他の健康効果(例えば心血管や消化器官で抗炎症性作用)があります。