帯状疱疹とヘルペスウィルス

帯状疱疹は、水痘帯状疱疹ウイルスに起因します — 水痘を引き起こすものと同じウイルスです。
水痘にかかっていた人は誰でも、帯状疱疹になる可能性があります。
水痘から回復したあと、ウイルスは神経系統に入ることができて、長い間休止中のままでありえます。
結局、それが復活し皮膚の神経経路に沿って移動する可能性があります。 — 帯状疱疹が発症します。
再発の理由は、不明です。
しかし、それは年をとるにつれて感染症に対する免疫力の低下にあるかもしれません。
高齢で、免疫系が弱い人々で、帯状疱疹はより一般的にみられます。

水痘帯状疱疹はヘルペス・ウイルスと呼ばれている一群のウイルスの一部です。そして、それは口唇ヘルペスと性器ヘルペスを引き起こすウイルスを含みます。
しかし、水痘と帯状疱疹を引き起こすウイルスは、口唇ヘルペス、または性器ヘルペス(性行為感染感染症)に対して責任がある同じウイルスではありません。

伝染性はありますか?

帯状疱疹の人は、水痘に免疫がない人には誰でも、水痘帯状疱疹ウイルスをうつすことができます。
これは通常、帯状疱疹発疹の発症中、直接接触を通して起こります。
しかし、一旦感染してしまうとその人は水痘を発症しますが帯状疱疹ではありません。

水痘は、一部の人々のグループに危険でありえます。
帯状疱疹が引くまで、あなたは伝染させる可能性があり、以下のような人たちと物理的接触を避けなければなりません:
•免疫系が弱い人は誰でも
•新生児
•妊婦

遺伝子操作でヘルペスを除去できる可能性も

ほとんど、誰もが1,2種類のヘルペス・ウイルスを持っています。
この常に存在するウイルスを取り除く ― または少なくともそれを抑える ― ことが、CRISPR/Cas9として知られている新しい遺伝子操作テクノロジーができる場合があることを、最近の研究は示唆しています。

ヘルペスには100以上の種類がありますが、わずか8つが通常人間を感染させます。
単純疱疹タイプ2が陰部ヘルペスの原因となる一方、単純疱疹ウイルス・タイプ1は口唇ヘルペスを引き起こします。
母から胎児に伝幡するならば、ヒト・サイトメガロウイルスは先天性欠損症を引き起こすことがありえます。
エプスタインバーウイルス(もう一つの種類)は、単核細胞増加症またはガンさえ引き起こすことがありえます。

ヘルペス・ウイルスは、口唇ヘルペス、角膜感染症、帯状疱疹、性器ヘルペス、「キス病」と腫瘍に終わる場合があります。

現在、ヘルペスを治療するのに用いられる薬のどれでも、徴候に対応しますが、ウイルス自体を滅ぼしません。
そういう理由で、ヘルペスは、我々の一生を通じて再発するかもしれません。

CRISPR-Cas9は、バクテリアによってウイルスから身を守るのに用いられる自然のシステムに、基づく遺伝子を操作するテクノロジーです。
CRISPR/Cas9がヘルペス・ウイルスのような二本鎖DNAを目標とすることができるので、レビンクと彼の同僚はデスマッチで2つをまとめることに決めました。

「我々は、特に感染した細部でこれらのウイルスのゲノムを目標とするCRISPRsを設計することができるだろうか?」と、レビンクは自問しました。
バラバラにウイルスを切るか、ゲノムの地域を変異させることによって ウイルス複製は妨げられると、彼は考えました。もしくは、あわよくば、ウイルスは感染した細胞から取り除けるかもしれません。

眼性ヘルペスの治療

眼性ヘルペスの治療は、感染症が目のどの位置に起こるか次第です — 角膜上皮、角膜ストロマ、虹彩、網膜、その他において、いくつかの眼性ヘルペス治療は症状を悪化させることがあるためケースバイケースで考慮されなければなりません。

角膜感染症が表面的なだけであるならば、それは通常抗ウイルス点眼を用いて軽減されることができるか、軟膏または経口抗ウイルス錠剤を使用することができます。

Zirganは、眼性ヘルペスの局所抗ウイルス性の治療として、2009年後半にFDAの承認を得ました。
その処置(ガンシクロビル点眼ジェル、0.15パーセント)は、2010年4月下旬に米国で市販となりました。そして、関連した角膜潰瘍が治癒するまで、毎日5回点眼をしみ込ませることが必要です。

Zirganで処置を施している間は、あなたはコンタクトレンズを着用するべきでありません。また、これはVirganとしてヨーロッパで市場に出されています。

綿棒または角膜用「へら」器具で感染した角膜上皮細胞をこそぎとることによって、眼科医は眼性ヘルペスを治療するかもしれません。
これは、デブリードマンと呼ばれています。
以下のデブリードマン、パッチまたは柔らかいコンタクトレンズは、角膜が回復するのを助けるために必要かもしれません。

感染症が角膜層のより深い位置にあるとき、ステロイド点眼は炎症を減少させて、角膜に傷ができることを防ぐのを助けることができます。
ステロイド点眼は、たいてい同時に抗ウイルス性の点眼液と併用されます。

ステロイド点眼は、目の免疫系の効果を減少させます。
したがって、眼性ヘルペスの病歴をもつ人々は、特に眼科医によって定められるステロイド点眼だけを使わなければなりません。

ステロイド点眼によって感受性のある患者では、眼性ヘルペス感染症が再発するということは、知られていました。
また、眼性ヘルペス感染症が治療される間、治療的なコンタクトレンズと一緒の抗生点眼は二次細菌感染を防止するのに用いられるかもしれません。

角膜に傷がつきステロイドを含む処置に効果がなければ、手術が必要です。角膜の傷が恒久的である場合、角膜移植により視力をとりもどせるかもしれません。

眼性ヘルペスの完治策はまだありませんが、処置は発症のコントロールを助けることができます。
眼性ヘルペスを管理するより良い方法を模索するために研究が進行中です。

たとえば、予防措置として人々を経口抗ウイルス薬物で治療することで眼性ヘルペスの再発の可能性を減らすことが、2010年9月の調査報告で、明らかになりました。

眼性ヘルペスの症状と徴候

いろいろな症状と徴候が、眼性ヘルペスの発生と関係しています。
あなたは角膜の炎症を経験するかもしれません。そして、それは苛立ちまたは突然でひどい目の痛みを引き起こすことがありえます。
また、角膜が曇ることもあり、ぼんやりとした展望に至る可能性があります。

眼性ヘルペスの他の特徴は、以下を含みます:

目の周りの腫れ
涙目
再発する眼の感染症
目の違和感
異物感
目の赤み
目の痛み
目から水のようなものがでる
光に敏感になる

これらの多数の徴候により、眼科医は、まさしくその初期に眼性ヘルペスの最初の診断を見落すかもしれません。

何が、眼性ヘルペスを引き起こしますか?

ヘルペス発症している他人との接触や、自身が進行中のヘルペス感染症(例えば口唇ヘルペス)持っている際、自信を通して汚染され、眼性ヘルペスはうつされます。

眼性ヘルペスは、炎症と目の表面(角膜)を傷つける可能性があります。眼性ヘルペスの極端なケースでは、角膜移植を必要とするかもしれません。

単純疱疹ウイルスは鼻または口から体に入って、神経に移動しますが発症しない場合があります。
ウイルスは長い間休止して、一生発症しない場合もあります。

発生の正確な原因は知られていません。しかし、熱、日焼け、歯や外科的手術等、精神的外傷のようなストレス関連の要因がしばしば関係しています。

一旦最初の発症があり、治療を受けていなければ、ヘルペスが再発する可能性は40-50パーセントであると、NEIは言います。
眼性ヘルペスの再発に決まった周期はありません。
最初の発症から数週間または数年の可能性もあります。
症状は通常1つの目だけ出ますが、ウイルスは同様にもう片方の目にも影響を及ぼすことがあります。

眼性ヘルペス

タイプ1単純疱疹ウイルスに起因して、目のヘルペス(眼性ヘルペス)は、目に影響を及ぼす一般の、再発するウイルス感染です。
この種のヘルペス・ウイルスは、目の口唇ヘルペスと時々呼ばれ、炎症を起こしたり、角膜を傷つけることがありえます。
ウイルスが活発である感染者との接触を通して、眼性ヘルペスは、うつされることがあります。

全国眼科研究所(NEI)は約400,000人のアメリカ人が何らかの眼性ヘルペスを経験し、約50,000の新規と再発のケースが毎年起こっていると発表しています。

眼性ヘルペスの型

単純な感染症からおそらく盲目を引き起こすことがありえる状態にわたって、眼性ヘルペスにはいくつかの型があります:

ヘルペス角膜炎はもっとも一般的な眼性ヘルペスで、ウィルス性角膜感染症です。この形の眼性ヘルペスは、一般に表層だけまたは上皮(角膜の)だけに影響を及ぼして、通常、傷になることなく治癒します。

感染症が角膜の層の中により深く行くとき、間質角膜炎が起こります。
これは、傷になること、視力の喪失と、時折、盲目に至ることができます。間質角膜炎は、最初の感染症に遅い免疫反応に起因すると考えられます。
この型は珍しいですが、間質角膜炎が米国で盲目をその後引き起こす角膜に傷になる主要な原因であると、NEIは報告しています。

虹彩毛様体炎は虹彩と目の周囲の組織が炎症を起こす目ヘルペスの重大な型です。そして、光(かすみ目、痛みと赤い目)に対する感度が非常に敏感になります。
虹彩毛様体炎は、目の内部より正面の部分に影響を及ぼす一種のブドウ膜炎です。

 
この感染症が網膜または目の後ろの内部の裏に起こるとき、それはヘルペス網膜炎として知られています。

ヘルペスワクチン GEN-003

これまでで初めて、ヘルペスウィルスのタイプ2(HSV-2)(一般に性器ヘルペスとして知られている)を扱うためのワクチンが出来ました。
HSV-2は、世界中で5億人、米国では性行為によって伝播するウイルスの間のHPVだけへの感染としては2番目の2400万に影響を与えています。(口唇ヘルペスを引き起こす、はるかによくあるヘルペスはHSV-1です。)

ワクチンはGEN-003と呼ばれ、現在は治験のフェイズIIの段階で、結果は良好です。これに関しては後程詳しく。

この様に普通の感染症であるために、ヘルペスについての一般の人の知識には大きな隔たりがあるので、以下に基本的な知識を記しておきます:
•ヘルペスは、決して体外へは去りません。
むしろ、ウイルスは特定の神経ルーツへ退き、そこで、長期間休止することがありえます。
•再発症するとき、それは以前と同じ神経経路をたどって、通常同じ場所に発症します。
ストレスと免疫機能の変化が再発を決定することにおける要因ですが、それがはっきりした理由もなく起こる場合もあります。
•米国の人々の65パーセントは、HSV-1に対する抗体を持っています。
これは、ウィルスに感染したことを意味しますが、口唇ヘルペスを一度も発症したことがないかもしれません。(または、持っていたけれども去って行ったかもしれません)。
HSV-2の保持者はおよそ15パーセントです。
•ヘルペス関連の他の種類は、水痘(水痘/帯状疱疹)、サイトメガロウイルス(CMV)とイプシュタイン-バー(EBV)を含みます。
水痘/帯状疱疹も神経ルーツで冬眠しますが、再び現れるとき、それは帯状疱疹として現れます。
•口唇、性器ヘルペスは互いの患部を汚染することができますがそれほど症状はひどくなりません。
それぞれのウィルスに地の利があります。
口の内外でのHSV-2感染症のように、性器のHSV-1感染症は通常軽いです。
•1つのウイルスを持つことは、他のウィルスに感染することからほとんど何も保護しません。

HSVワクチンは広く研究されましたが、臨床試験は2012年の大失敗を含め、失敗の連続でした。

性器ヘルペスには、慢性的に発生を抑えるか、短期的にヘルペスの処置をする3つの薬があります。しかし、それらには限界があります。
既存の抗ウイルス薬は、ウィルスの除去(ウイルスが活発で、複製している徴候をもたらさないけれども)ではなく、発症に影響を及ぼします。

GEN-003ワクチンは、発症と除去をコントロールするのを助けます。
発症の数は、43から69パーセント(ワクチンの投与量による)の間で減少し、55パーセントのウイルスを除去しました。
伝染性の病原体に対するその他のワクチンと違い、GEN-003は防止的ではなく、対処療法です — つまり、すでに感染していた人々のためのものです。
研究者は感染を防止するための治験も考慮していますが、これはすぐには出来ません。

ヒューストンの治験センターの研究員、ジーナナワス博士は言いました。「GEN-003は、有望なワクチンです。
承認されらば、性器ヘルペスまたは他のどの伝染病のための最初の治療ワクチンであるでしょう。」

発症の間、または、ウィルスを排出している間の人々に最も伝染性があるので、ワクチンは感染症の伝染を疑いなく防止します。
これは、特に妊娠した女性にとって重要です。
まれに、母体がウイルスを排出しているとき、自然分娩の新生児は、ウイルスに感染する可能性があり、かなりひどくなり、死ぬ場合もあります。
母が妊娠後期に最初の(主要な)発症を経験したならば、帝王切開が推薦されます。

 

ヘルペスウィルスHHV-6Aと不妊症

HHV-6Aと呼ばれているヒトヘルペスウイルスの一種でほとんど知られていないが、不可解な不妊性の女性で43%の子宮裏を汚染するが、妊娠可能な女性の子宮裏で見つからないことが、新しい調査で明らかになりました。研究は、フェラーラ(イタリア)大学で、調査者によって行われました。

免疫系のウイルスに対する反応が子宮を受精卵に対してより寛容にしないことに貢献するかもしれないことが、調査でも明らかになりました。
ウイルスは、子宮のナチュラルキラー細胞と呼ばれている免疫細胞を活性化して、サイトカインと呼ばれている化学製品を生産するためにそれらの細胞を導くようです。
サイトカインは、免疫系が外の侵入者への攻撃を組織化するために使用するツールで、ウイルスを好みます。
しかし、活性化された免疫系細胞と特定のサイトカインの異常な濃度は、受精卵が子宮に泊まることと、胎児への成長をより難しくするかもしれません。

CDCによると、不妊性は米国で15-44才のおよそ6%、または150万人の女性に影響を及ぼします。
女性の不妊性ケースのおよそ25%は不可解です。そして、高価な不妊治療以外はほとんどオプションがありません。
「これは、不意で潜在的に重要な発見です」と、アンソニー カマロフ(HHV-6を研究したハーバード・メディカル・スクールの教授)は言いました。
「確かめられるならば、発見は不妊症の女性の多くのグループのために結果を改善する処置につながるかもしれません。」

HHV-6Aについてはほとんど何もわかっていません。そして、これは1986年に発見された、9つのヒトヘルペスウイルスのうちの1つです。
他は、イプシュタイン・バー・ウイルス、水痘帯状疱疹ウイルス、サイトメガロウイルスと単純疱疹タイプ1と2を含みます。
HHV-6Aが血または唾液で一般的に見つけられないので、その本当の流行は知られていません。
密接に関連したウイルス(HHV6-B)は、幼年期に人口のほぼ100%が感染し、唾液によって広められます。

HHV-6Bは発疹と幼児の熱性発作を引き起こして、免疫不全がある、または、免疫抑制薬にたよっている患者では脳炎と他の臓器の病気を引き起こすことがありえます。

現在では、HHV-6AまたはHHV-6BのためのFDA認可の薬がありませんが、伝染病の専門医は移植患者でHHV-6Bの再発を治療すうためにバルガンシクロビル、フォスカーネットとシドホビルを一般に使います。
これらの薬は人間のヘルペスウイルス-5(HHV-5)を治療するために開発されました。そして、サイトメガロウイルスとして知られていました。

これらの調査結果を確かめて、抗ウイルス性の処置がこの子宮感染症で女性を手伝うかどうか決定するためにはさらにより多くの研究が必要です。
子宮裏のHHV-6A感染症の診断は子宮裏の生検によってなされることができます。そして、標準的な手順が小型吸引装置を用いた麻酔法なしで婦人科医によってされるいことができます。

性器ヘルペスにかかることとは?

全体的な健康

性器ヘルペスは、基本的に軽度な(時々繰り返されている)皮膚感染です。顔よりもむしろ性器に生じることが多いです。
それは、長期の不健康、寿命に影響を及ぼしません。
性器ヘルペスにかかる人々は、完全に通常の生活を送ることができて、送ります。

一次感染は厳しい可能性があり、全身性の『風邪』のような徴候を含むことがありえます。
これは痛みと不快感が組み合わさります。そして、場合によっては、二次感染は人々を非常に疲れたと感じる状態にしておく可能性があります。
幸いにも、一旦ヘルペスが治癒するならば、回復は速いです。

性的関係とヘルペス

再発する性器ヘルペスのある人々は、性交渉に関して再考する必要があるかもしれません。
たとえば、皮膚の水膨れまたはヘルペスが存在するとき、生殖器を使わない性的接触を行うこともできます。
考慮することとは、性的パートナーにいつ、どのように言うかということも意味します。
性器ヘルペスがどういうもので、どれくらい一般的かについて、多くの人々は、理解しません。
大部分の人々はあなたの正直さを評価して、尊重し、支持してくれるでしょう。
性的パートナーに言わないほうを選ぶ人々は、恐れ、罪の意識と秘密の重荷を背負うことになります。

両方のパートナーがヘルペスの伝染の可能性を完全に理解する関係では、コンドームの使用は気にならないでしょう。

非常に頻繁なヘルペス再発を経験する人々にとって、抑圧する抗ウイルス性の治療(それはヘルペス再発の頻度を減らします)は、性行動に関しておこることがあり得るヘルペス再発の影響を減らすのを助けることができて、ヘルペスの伝染の危険性を減らすかもしれません。

生殖能力

性器ヘルペスは、遺伝でありません。
ヘルペスは生殖能力に影響を及ぼさないので、男性の精子または女性の卵子(卵)を通して伝播しません。

妊娠
(ヘルペスと妊娠参照)

性器ヘルペスの女性は、安全な妊娠と自然分娩を経験することができます。
女性が妊娠する前に性器ヘルペスと診断を受けるとき、これは特に安全です。
母に性器ヘルペスの病歴がすでにある状況では、妊娠と出産の間、赤ちゃんを保護する、血液内を循環している抗体を持っています。

親であること


どちらの親の性器ヘルペスも赤ちゃん/子供たちにヘルペスをうつしません。そして、通常の衛生が確実である限り、ヘルペスの伝染の危険性はほとんどありません。

両親は、しかし、ヘルペスが単にキスすることによって口唇ヘルペスから伝播することができることに気づいていなければならなくて、新生児では重い、広範囲にわたる(広められる)ヘルペス感染症を引き起こすことがありえます。
幸いにも、赤ちゃんがおよそ6ヵ月である頃には、免疫系はヘルペス・ウイルスへの露出に対処することがかなりできます。
赤ちゃんと幼児のヘルペスへの最初の露出は、歯肉口内炎、口の感染症や口唇ヘルペスを発症している誰かによってキスされた後に、引き起こすことがありえます。

ヘルペスの育児

  • 親になると日常生活において性器ヘルペスを子供たちにうつすことに関して、心配になります。
    おそらくヘルペスの伝染に対する両親の懸念に対処する情報が非常に少ないので、両親は結局完全に不必要であるいろいろな『安全戦略』を考案することになります。子を愛する親は、家庭生活の『通常の』愛情表現を通して性器ヘルペスを彼らの子供たちにうつしません。
    伝達の恐れが愛情のこもったふれあいと共有経験の邪魔にならないことは、重要です。•一緒にベッドですり寄ることは、『安全です』 – ヘルペス・ウイルスは、人から人へシーツの上を這っていきません。
    •一緒に浴室またはシャワーを共有することで、ヘルペス・ウイルスがうつされることはありません – 温泉やプールでも同じことが言えます。
    •ヘルペスの再発症があっても、服を同じ洗濯機で洗うことではウイルスはうつりません。
    •大人がヘルペスの再発症中に、子供が太ももの上または腹部に触れても、ウイルスをうつしません。
    •大人がトイレを使い、局部にさわって、手を洗うのを忘れても、ヘルペスの伝染に関して問題にはなりません。
    生きている細胞が残っていても、ヘルペス・ウイルスはもろくて、死にます。
    •普通の石鹸と水で洗うことで、十分にきれいです – 少しの特別な手または便座用の消毒剤を使う必要はありません。
    •子供たちはあなたが予想することができないいろいろな変わったことをします。しかし、たとえあなたの着古した下着を頭に付けたとしても、ヘルペス・ウイルスを得る可能性はほとんどありません – リラックスして、彼らと笑ってください。

出産とヘルペス

どのように、単純疱疹は、新生児に広がることができますか?

•母が出産の際、産道でHSVを持っているならば、単純疱疹は多くの場合出生の間、新生児に広められます。
•彼/彼女が進行中の口唇ヘルペスで誰かによってキスされるならば、HSVは赤ちゃんに広められることもできます。
•珍しい例に、誰かが進行中の口唇ヘルペスにさわって、そして、すぐに赤ちゃんにさわるならば、HSVは触ることによって広げられるかもしれません。

どのように、ヘルペスは赤ちゃんを傷つけることができますか?


HSVは、新生児ヘルペス(まれであるが、致命的な病気)を引き起こすことがありえます。
新生児ヘルペスによって、目またはのど感染症、中枢神経系への損害、精神遅滞または死に至ることがありえます。
薬物投与は、早く与えられるならば長続きする損傷を防止するか、減らすのを助けるかもしれません。

何人の赤ちゃんが、新生児ヘルペスを得ますか?


毎年アメリカ合衆国で生まれる赤ちゃんの0.1%未満は、新生児ヘルペスにかかります。
発生率がオーストラリアとニュージーランド(4/100,000、オーストラリアアの場合)でさらにより低いことを、オーストラリアからの限られた情報は示唆します。
対照的に、妊婦の数25-30%は、性器ヘルペスにかかっています。
これは、性器ヘルペスの大多数の女性が健康な幸せな赤ちゃんを生むことを意味します。

危険なのは、どのような赤ちゃんですか?


母が妊娠後期に初めて性器ヘルペスにかかったならば、赤ちゃんは新生児ヘルペスから最も危険にさらされています。
これは新しく感染した母がヘルペス・ウイルスに対して抗体を持っていないからで、赤ちゃんの自然な保護が出生中にありません。
これに加えて、新しいヘルペス感染症はしばしば活発であるので、ヘルペス・ウイルスが出産の間、産道に存在するという高い可能性があります。

性器ヘルペスにかかったことのある妊婦はどうですか?


妊娠する前に、性器ヘルペスにかかった女性は、ウイルスを赤ちゃんに伝播させる危険性は非常に低い(1%未満)です。
これは、免疫系が胎盤を通して赤ちゃんに引き継がれる抗体を作るからです。
たとえHSVが出産の間、産道で活発であるとしても、抗体が赤ちゃんをHSVから保護するのを助けます。
これに加えて、母が性器ヘルペスにかかっているということを知っているならば、医師は赤ちゃんを保護するための処置をとることができます。